レストラン-ラ・べカス-ホール

日常からは感じることのない、価値のあるコミュニケーションを支えるのが、店舗設計・店舗デザインです。コミュニケーションの原点はヒトとヒトが向かい合うこと。向かい合った「アイダ」にあふれている「ミエルモノ」から「ミエナイモノ」まですべてをデザインし、優良なコミュニケーションの場をつくるのが店舗デザインの役割と考えています。

JAラボラトリーの「ラボラトリー」とは、実験室、テスト、試験、研究する場所という意味を持つ言葉です。既成概念にとらわれず、常に良いデザイン、新しいデザインを追及する=実験を行う・研究する、弊社の姿勢を表しています。また、デザインを検討する際には、使用する素材や照明器具などを用い、実際に「実験」を行って検証しています。
また、私たちは、お客様の視線の動きを「アイ・コリドール」=目の回廊と呼び、デザインを検討する大切な要素と考えています。

大切にしているのは、割りきらないこと。「これでいいか」と思った瞬間に、思考はストップします。「これがセオリーだから」「オーナー様が言ったから」という妥協は、JAラボラトリーにはありません。本当に良いデザインを、現場に釘を打つその瞬間まで、質の高い発想で追及します。